お世話様です。Web戦略部の高井です。

2017年3月14日にGoogle検索品質評価ガイドラインが更新されました。
※参考:Search Engine Roundtable「Google Algorithms Now Target Offensive, Upsetting, Inaccurate & Hateful Results」

英語でゴリゴリいける方は、このまま確認してください。
SEOラボ様で、詳しい内容が日本語で紹介されております。
参考:「Google検索品質評価ガイドライン(General Guidelines)を2017年3月14日に更新!

内容としては、最新のGoogle検索品質評価ガイドラインからも読み取れ得るよう、コンテンツの質がより重視されてます。
コンテンツの質が重要視されるというのは、以前から言われていたことですが、より具体的な内容として更新されました。
2017年2月3日の「低品質なサイトへの対策」2017年3月10日の「Googleフレッドアップデート」といった背景から、オリジナル性のない、低品質コンテンツのサイトの制裁や、過剰な広告サイトを制裁といった対応が行われてきましたが、今回の更新まで一貫している内容となっております。
2月から某社のキュレーションサイトの件で、コンテンツの質というのがより注目されるようになったと思います。

個人的にはキーワードについて、
「キーワードの量よりもコンテンツの質を重視するようである。」
というところが気になります。

これまでの施策にどの程度影響があるのか、マイナスに働くこともあるのか。
今後の動向に注目です。