五十嵐です。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年は、当社にとっても新たな中期三カ年計画がスタートとなる1年です。これまでのWebサイト制作会社と認知されていたことから脱皮をはかる1年となります。

それに伴い、当社の公式ホームページも一新し、かつ、独自のサービス展開のサイトも立ち上げていく予定です。

インターネットというものは完全にインフラ化しましたので、これが根底から変わるということはないでしょう。

しかし、その上に乗っかるものは徐々に変化し、その流れを大きく左右するものは、「何のデバイスに一番多くふれているのか」となるでしょう。

昔は「新聞」「ラジオ」「テレビ」でしたが、インターネット普及に伴い「パソコン」「スマホ」となっています。

問題は、次に何がくるか・・・。

考えられるのは、「丸められるペーパーのようなタブレット」、そして「スマートグラス(メガネ)」でしょうか。

以下の写真はインテルが開発していた(現在は開発を中止)スマートグラスのようですが、この形であれば通常のメガネと差がないので、かけていても違和感なさそうですね。

intel-Vaunt vaunt

ここまで来ると未来の映画のようにリアルの世界を見ながら、そこに映るものに注釈が出るような世界になりそうです。

で、こうなった世界の場合のSNSってどうなるのかな?。リアルの世界を見ながらチャットが飛びかう感じなのかな??_

また、何かを調べる場合、それの表示の仕方はどうなるのかな??

そして、この先は、もしかすると目を閉じていても映像が見えるようになるかもしれないですね・・。

とりとめなく書いていますが、まずは4年後にユーザーは「何のデバイスに一番多くふれているのか」にアンテナを張りながら、2019年を進んでいくことにします。