今回はWebサイト修正にある出来事「キャッシュ」についてのご紹介です。
案外あることですので、一度見ておいていただけると良いかと思います。

「キャッシュ」をご存知でしょうか。
「キャッシュの影響で古い画像がでています」などの会話が社内とお客様の間で起る場合があります。

パソコンにおけるキャッシュは「一時的に保存する場所」などの意味合いになります。

どういう事かと言いますと、パソコンからWebサイトにアクセスすると、Webサイトの内容が読み込まれ画面に表示されます。
この時に、パソコン内部ではWebサイト上にある画像やファイルをパソコン内の一時保存フォルダ(PCにより名称が変わります)に保存します。

なぜ、このようなことをするのか?

データの通信は時間がかかり、パソコンも処理のために負荷がかかります。
一度訪れたWebサイトの場合、パソコン内部からデータを読み込むことで、表示の速度を上げ、パソコンにかかる負荷を軽減しています。
なので、一度訪れたことのあるWebサイトは早く表示されるのです。

 

さて、本来Webサイトを早く表示するための便利な機能なのですが、
Webサイト修正の時は、少し厄介なことがあります。

弊社にて修正した内容を表示せず、パソコンの中にあるファイルを読み込み表示するため、Web上では修正ファイルがアップロードされているのに、画面には表示されていない、という事が起こります。
これが、「修正がされていないのですが?」という事になってしまいます。

解消方法は、「ページを更新」するとWeb上のファイルを読み込み直すため、最新の状態で表示されます。Webサイトを閲覧するブラウザ(InternetExplorerやGoogle Chromeなど)の更新ボタンを押すか、Windowsの場合は、キーボードの「F5」を押すことで更新がされます。

ご承知の方は、ご確認の際、ページを一度更新してからご覧いただけるようお願いいたします。

それでは。
hosakaでした。