2019年度も、小規模事業者持続化補助金が実施されることが発表され、全体の予算は約50億円(これまでと同規模)です。

採択率も高く、中小企業にとっては非常にありがたい補助金です。

小規模事業者持続化補助金とは、日本商工会議所が実施する補助金の一つで、小規模事業者を対象として、その販路拡大のために要する資金の一部を負担するものです。なお、小規模事業者の定義は、従業員20人以下(商業・サービス業は5人以下)となります。

スクリーンショット-2019-02-17-11.22.52

具体的には、ホームページ制作やチラシの作成、店舗改修など、新たな販路を拡大するための取り組みにかかる費用の3分の2(最大50万円)を国家予算から支給してくれます。
また、過去に小規模事業者持続化補助金を受給していても、今回新たな取り組みをする場合には、支給の対象となります。もちろん、受給した補助金は、返還する必要がありません。

ホームページ制作を考えている企業は、ぜひこの小規模事業者持続化補助金の活用も考えてみてください。

弊社では、申請書の作成からサポートしていますので、お気軽にご相談ください。