SERVICEIT導入補助金 2020年

  1. TOP
  2. サービス
  3. IT導入補助金 2020年

IT導入補助金2020年

IT導入補助金とは

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的としています。

2020年IT導入補助金のIT導入支援事業者(ITベンダー)に登録されました

この度、株式会社にいがた三昧は、2020年のIT導入補助金のIT導入支援事業者(ITベンダー)に登録されました。


ECサイト(通信販売サイト)やマーケティングオートメーション(人手で繰り返し実施していた定型的な業務や、人手では膨大なコストと時間がかかる複雑な処理や大量の作業を自動化し、効率を高める仕組み)に関わる初期導入費、サポート費を含めて上限450万円(3/4)までの補助を受けることができます。

2020年のIT導入補助金の概要

補助対象経費補助額:

A・B類型:ソフトウエア費、導入関連費等
C類型:ソフトウエア費、導入関連費、ハードウェアレンタル費
本サイトにて公開予定のITツールが補助金の対象です。

補助金の上限額・下限額・補助率


A類型  30万~150万円未満
B類型  150万~450万円
補助率 1/2以内

C類型  30万~450万円
補助率 2/3以内(C類型-1)、3/4以内(C類型-2)

2020年のIT導入補助金交付申請スケジュール


特別枠(C類型)
4次締切分 締切日 2020年7月10日(金)17:00まで<予定>
交付決定日 2020年8月以降~ 詳細は後日案内予定
事業実施期間 交付決定日以降~2021年1月29日(金)
事業実績報告期間 ~2021年1月29日(金)17:00まで
5次締切分 締切日 2020年7月31日(金)17:00まで
交付決定日 2020年8月31日(月)<予定>
事業実施期間 交付決定日以降~2021年3月31日(水)
事業実績報告期間 ~2021年3月31日(水)17:00まで
6次締切分 締切日 2020年8月31日(月)17:00まで
交付決定日 2020年9月30日(水)<予定>
事業実施期間 交付決定日以降~2021年3月31日(水)
事業実績報告期間 ~2021年3月31日(水)17:00まで
7次締切分 締切日 2020年9月30日(水)17:00まで
2020年10月2日(金)17:00まで
交付決定日 2020年10月30日(金)<予定>
事業実施期間 交付決定日以降~2021年3月31日(水)
事業実績報告期間 ~2021年3月31日(水)17:00まで
8次締切分 締切日 2020年11月2日(月)17:00まで
<予定>
交付決定日 2020年11月27日(金)<予定>
事業実施期間 交付決定日以降~2021年6月30日(水)
事業実績報告期間 交付決定日以降~2021年6月30日(水)17:00まで

IT導入補助金2020 特別枠(C類型)について

二次公募より、以前のA類型、B類型に加え、新型コロナウイルス感染症対策の特別枠として「特別枠」C類型が新たに追加されました。
こちらは、“非対面型ビジネスモデルへの転換等、具体的な対策に取り組む事業者”を優先的に支援するために最大450万円、補助率が3/4となっています。

最大約450万円利用できる機会となっておりますので、ネットショップの新規立ち上げにご検討ください。

※申請前の準備として、gBizIDプライムの取得、SECURITY ACTIONの登録が必須です。
なお、gBizIDプライムの取得に時間がかかるため、特例措置として、IT 導入補助金の交付申請用に限り、G ビズ ID 申請ページにお いて、「暫定GビズIDプライムアカウント(以下暫定プライムアカウント記載します。)」の発行 を可能とし、暫定プライムアカウントを用いた IT 導入補助金の交付申請を可能となりました。
https://gbiz-id.go.jp/top/

「特別枠」C類型の申請要件

補助対象経費の1/6以上が、以下の要件に合致する投資であること

A:サプライチェーンの毀損への対応
顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと
(例:部品調達困難による部品内製化、出荷先営業停止に伴う新規顧客開拓)

B:非対面型ビジネスモデルへの転換
非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと
(例:店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供)

C:テレワーク環境の整備
従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること
(例:WEB会議システム、PC等を含むシンクライアントシステムの導入)

弊社サービス 対象補助金

C類型-2が使えるものとして、主にECサイト、オンライン予約・管理、マーケティングオートメーション関連のサービスをIT導入補助金を使って行えます。

■C類型-2
補助下限額 30万円 補助上限額 450万円未満

補助率が2/3から3/4になりました!!

※C類型-2も条件が別れています。
①補助金額が300万円以上の場合は、賃上げ目標必須
※賃上げ未達の場合は、補助金返還しなければなりません。
※見積額で、450万円以上

②補助金額が300万円未満の場合は、賃上げ目標は加点対象
※必須条件ではありません。
※見積額で、45万円以上450万円以上未満

IT導入補助金2020  必須提出書類の準備

【法人の場合】

・BizID暫定プライムアカウントの取得
※記載事項のうち「部署名」欄に「IT導入補助金」という文言を記入
 (部署名は記入せず、「IT導入補助金」のみ記載ください)
※すでにgBizIDプライムアカウントをお持ちの方は必要ありません。

申請はこちら:https://gbiz-id.go.jp/app/rep/reg/apply/show
詳細:https://www.it-hojo.jp/r01/doc/pdf/r1_gbizid_modification.pdf

・SECURITY ACTIONの登録

・履歴事項全部証明書
 ※交付申請日から遡って3ヶ月以内に発行されたもの

・法人税の納税証明書(その1またはその2)
 ●都税・県税事務所ではなく、管轄税務署で取得
 ※直近のものに限定
 ※税務署の窓口で発行されたものに限定
 ※電子納税証明書は認められません

【個人事業主の場合】

・BizID暫定プライムアカウントの取得
※記載事項のうち「部署名」欄に「IT導入補助金」という文言を記入
 (部署名は記入せず、「IT導入補助金」のみ記載ください)
※すでにgBizIDプライムアカウントをお持ちの方は必要ありません。

申請はこちら:https://gbiz-id.go.jp/app/rep/reg/apply/show
詳細:https://www.it-hojo.jp/r01/doc/pdf/r1_gbizid_modification.pdf

・SECURITY ACTIONの登録

・運転免許証または運転経歴証明書または住民票
 ※住民票は交付申請日から遡って、3ヶ月以内に発行されているもの
 ※運転免許証は交付申請日が有効期限内であるものに限定

・所得税の納税証明書(その1またはその2)
 ※直近分のものに限定
 ※税務署の窓口で発行されたものに限定

・確定申告書Bの控え
 ※直近分のものに限定
 ※税務署の受領印もしくは受信通知があるものに限定

IT導入補助金申請の流れ

「申請まで」のSTEP1~STEP5の内容につきましては、早急に完了していただくようお願いいたします。
なお2020年については新型コロナウィルス感染症の影響で、補助金のスケジュールの変更、申請フローの変更が多く発生しております。

本年C類型は申請までのスケジュールが過密のため、早急に以下作業を完了させてください。

STEP1

【内容の確認】
IT導入補助金を使って行いたい内容をお聞きいたします。それに適したITツールの選定とお見積もりを作成いたします。

STEP2

【申請マイページ入力】
申請マイページへの招待メールを弊社よりお送りいたします。
申請マイページ内の 内容、設問に沿って、お客様側で入力下さい。
また、4ヶ年計画を入れ込むエクセル表をメールに添付してお送りいたしますので、そこに必要事項を入力してお戻しください。

STEP3

【交付申請内容の確認のためのヒヤリング】
STEP2で入力頂いた申請マイページの内容を確認し、当社側で入力する箇所を入力してマイページをお戻しします。

STEP4

【交付申請の提出】
申請マイページよりSMS認証による本人確認や、申請に関する宣誓を行い交付申請の提出を行ってください。

STEP5

【交付決定】
交付の可否が発表されます。

交付決定後の流れ

STEP1

【ご契約書の記入】
弊社よりご案内差し上げる申請サービスのご契約書へ記入とご捺印をお願いいたします。

STEP2

【ご入金】
ご発注金額の着手金のご入金を指定日時までに指定口座へお願いします。

STEP3

【制作開始】
ご発注頂いたECサイト制作やその他のITツールの導入を開始致します。

IT導入補助金の活用ご検討されている方へ

A・B類型を利用してホームページ制作やECサイト構築はできませんが、C類型を利用することで 3/4補助でECサイトを構築できます。

また、当社では以下をITツールとして登録しています。
これらの導入を検討されている方は、IT導入補助金を活用することをお勧めします。

当社が登録しているITツール(一部)


カテゴリー ITツール 概要
ソフトウェア カラーミーショップ レギュラープラン+SSL クラウド型のネット販売システムです。ネット販売機能はもちろん、顧客管理、売上管理、分析ツールなどもセットになっています。
カラーミーショップ レギュラープラン
a-blog cms スタンダード 買い取り型のショピングカート機能をもつクラウドソフト
Bcart プラン10 クラウド型のB to Bに特化したネット販売システムです。ネット販売機能はもちろん、顧客管理、売上管理、分析ツールなどもセットになっています。
Bcart ライト
Zoho SalesIQ ベーシック Webサイトにチャットシステムを設置し、来訪者とリアルタイムのコミュニケーションでマーケティング活動のROIを向上させます。
Zoho CRM プラス 顧客管理のクラウドをメインとして、その他営業&マーケティングに必要なソフトがパッケージとなっている営業支援ツール。
Zoho CRM 顧客管理のクラウドソフト。
Coubic スタンダードプラン イベント予約、打ち合わせできる時間を時間枠から選んでオンライン予約できるシステム。zoom連携可能。
Coubic ライトプラン
ChoiceRESERVE Pro イベント予約、打ち合わせできる時間を時間枠から選んでオンライン予約できるシステム。
ChoiceRESERVE Lite
レンタカー侍 プレミアム レンタカー予約の予約を車種等を選んでオンライン予約できるシステム
レンタカー侍 スタンダード+
レンタカー侍 スタンダード
Chatwork ビジネス チャットグループを作って、チャットが行えるクラウドです。ビデオ通話、画面共有も可能です。
zoom プロ ビデオ通話システム。画面共有も行えます。
汎用 SELECTTYPE Basic イベント予約、打ち合わせできる時間を時間枠から選んでオンライン予約できるシステム
導入設定、マニュアル作成、導入研修 ECサイトに対するSEO対策費用 ユーザーの行動分析と市場分析を行い、特定のキーワードに対してSEO内部施策を行います。
デジタルトランスフォーメーション導入サポート デジタルトランスフォーメーションとなるクラウド導入のための初期構築、操作サポートを行います。
EC構築パック ECクラウドを使って、実際に運用開始できるまでの構築を行います。
保守・サポート 1年間、安定して運用してもらうためのバグ対応や開発時では気づかなかった修正箇所の対応。
導入研修 出張またはオンラインで導入研修を行います
設定マニュアル システムのマニュアル作成

補助金に関するお問い合わせ


TEL 025-233-3383

お問い合わせフォームはこちら

タグ:IT導入補助金