IGARASHI BLOGDXへの取組みとしての名刺管理

  1. TOP
  2. 技術ブログ
  3. 五十嵐 技術ブログ
  4. DXへの取組みとしての名刺管理

myBridge(マイブリッジ)の名刺管理アプリが良さそう



myBridge(マイブリッジ)は、2018年5月にリリースされた名刺管理アプリで、LINE株式会社から提供されています。
最大の特徴は何といっても利用料が無料。
そして、会社で名刺共有することを前提につくられていて、二次利用のためのCSVダウンロードができるのも良い点です。

なかなか「これだ!」と思える名刺アプリがこれまでなかった・・。

当社はホームページ制作会社ですのでいろいろな業種の会社さんと接する機会があり、その分名刺交換も多くあります。
もちろん、当社よりも多く名刺交換する営業職もあるでしょうが。

これまでは自分の名刺に関しては「CAMCARD」という無料版のアプリで管理していましたが、これを社内のスタッフと共有して利用するとなると、有料になるために二の足を踏んでいました。
社員の方の名刺管理は任せていましたので、名刺ホルダーに入れる人や机の上に置きっぱなしの人、アプリで管理する人などバラバラで、正直なところIT会社とは思えないような管理の仕方です。

ただ、当社から発行するメルマガへの登録や、会社の電話への電話帳登録などへの登録が、どうしてもアナログになってしまうために後手後手になり、何かいい名刺アプリはないかな?と探していました。
これまでは、どの名刺アプリも有料のため、社員数分のアカウントを登録するとなると、いくら小額と言えでも年間を通して考えるともったいない。
そんなことから、名刺アプリを探すのをやめていたのですが、また最近になって当社のDXへの取り組みを加速させるために、名刺アプリを探し始めて見つけたのがmyBridge(マイブリッジ)です。

アプリを入れて試してみて、直感的に「いける!」と感じました。

myBridgeの良いところ

1.すべての機能が無料・無制限

すべての名刺管理機能が無料で使えることです。
名刺1枚ごとにメモをつける機能やExcelファイルでのダウンロード機能、CSV形式ファイルのデータ出力機能なども無料です。
そして、登録枚数も無制限です。
ただし、広告がたまに表示されますので、それがここの収入源ではあるのでしょう。

2.共有名刺帳がある

そもそもこのソフトは個人で名刺管理することを前提としています。
しかし、会社で名刺を共有することも、さらに前提として考えれているので共有名刺帳というものが存在します。

この機能の良いところは、名刺データを共有したい共有名刺帳に単にデータ共有するのではなく、共有名刺帳にコピーをする、という考えが素晴らしい。
というのは、社員が退職した時、もし単なるデータ共有だと、その社員が名刺交換したデータが会社から無くなってしまいます。

しかし、共有名刺帳にコピーするという考え方なので、もしその社員が退職してもお客様の名刺データは残ります。賢いです。

しかも、その共有名刺帳を利用できるメンバーを管理者が管理して、外すこともできるようになっていますので、退職した社員がそのまま共有名刺帳を見れるということもありません。

3.読み取りのOCRも賢そう

まだ、数多くの名刺取り込みを行っていませんが、複数枚の名刺を一気に読み込みできたり、読み取りした情報の誤認も少なそうです。
名刺を読み取るとすぐに、データ化されません。
「myBridge」は、スマホのカメラで名刺を撮影した後、サーバー側にデータが送られ、そこでOCR文字認識機能とオペレーターによる手作業で名刺情報をデータ化します。
OCRで文字認識したデータをオペレーターがチェックし、必要であれば修正することで正確なデータ化を実現してくれるそうです。

おいおい、オペレーターがチェック?本当なのかな??
それはAIでいいのでは??
と思うのですが、そうらしい。
だとしても、本当はAIじゃないかな〜。

4.重複された名刺は1つにまとまる

社員で名刺共有するわけですので、どうしても同じお取引先と名刺交換すれば、同じ名刺がデータ上にあがってしまいます。
しかし、myBridgeは賢く、「名前」「メールアドレス」「携帯電話番号」のうち2つ以上が一致する場合、同一人物の名刺として1つにまとめられて登録されます。
素敵すぎます。

5.名刺データを出力して活用できる

CSV形式ファイルのデータ出力機能がありますので、顧客データの二次利用が簡単です。
例えば、会社からのメルマガに登録するとか、CRMクラウドに登録するなどは、myBridgeからデータをエクスポートし、そして取り組むソフトにインポートすればいいです。

6.オンライン名刺交換ができる

あ!名刺を忘れた!
などと言う場合、簡単に自分の名刺(名刺に書いてある情報)を、相手にLINEやメールで送ることができます。
お互いが、myBridgeを使っているならば、もっと簡単。

7.PCでも管理できる

仕事をしていればパソコンを使っているので、過去に名刺交換した人を探したい時は、スマホよりもPCの方が早いということもあります。
このmyBridgeは、PC用の管理画面もありますので、そこで簡単に検索やCSV形式ファイルのデータ出力を行えます。

最後に・・

上記のことが全部無料ですから、有料の名刺アプリを使う理由が見つかりません・・・。
これからも、このようなDX化はどんどんと進むでしょう。

DX化というと、大掛かりなことをイメージするかもしれませんが、ちょこっとしたことからDX化するだけでも社内の生産性が高まります。
まだ名刺を名刺フォルダーに入れて管理している方は、myBridgeでもその他のソフトでもいいので、DX化に取り組むことをお勧めします。